キャッスルロックの動画や無料視聴の情報まとめ

キャッスルロックの動画全10話をカンタンに見ることができる
\動画配信サービスはこちら/
→キャッスルロックを今すぐ見る

キャッスルロックの作品情報

キャッスルロックのストーリー

スティーヴン・キングのストーリーから構想を得ている架空の町“キャッスルロック”を舞台に物語は始まるー。
不可解な事件ばかり起こる町キャッスルロック。ショーシャンク刑務所の所長デール・レイシー(テリー・オクィン)が自殺し、彼の死後に地下で何年も閉じ込められていた謎の青年(ビル・スカルスガルド)が発見される。しかし彼は「ヘンリー・ディーヴァー」という名前しか囁かない。
ヘンリー(アンドレ・ホランド)は幼少期の頃にキャッスルロックで一時行方不明になっていた少年であり、現在は弁護士として暮らしている男の名前だった。ショーシャンク刑務所の新所長ポーターはヘンリーを謎の青年の事件に関わらせることを拒否したが、刑務所内からの匿名の電話を受けたことで、ヘンリーは故郷に戻ってくることとなる。青年が発見されたことで、町で繰り広げられる数々の怪事件。謎の青年は一体誰なのか?何故幽閉されていたのか・・・。

キャッスルロックのキャスト&スタッフ

アンドレ・ホランド
メラニー・リンスキー
ビル・スカルスガルド
ジェーン・レヴィ
シシー・スペイセク

キャッスルロックの動画一覧

1話 愛の代償

オスマン帝国皇帝スレイマンの首に短刀を突きつけた暗殺者サドゥカ。その頃、レオはヒュッレムを守るため、自ら毒菓子を口にしていた。親友のマトラークチュがハンガリー王ラヨシュ2世の手紙の運び屋になっていたことを知ったイブラヒムは、マトラークチュに残酷な命令をする。レオの一件で完全に敵対したイブラヒムとヒュッレムは、互いに対して宣戦布告。皇帝のお気に入りを自負する2人の戦いが新たに幕を開ける。

2話 ラヨシュへの報復

皇帝スレイマンは、暗殺者をよこしたハンガリー王ラヨシュ2世への報復を果たすべく、大軍勢を組織。先遣隊として大宰相イブラヒムを送り込む。その頃、ラヨシュ2世はバチカンに救援を依頼。そして遠征に同行しようと考えた皇子ムスタファは、こっそりと馬を走らせていた。イブラヒムの活躍でブダへの道が着実に切り開かれるも、スレイマンは不機嫌を隠さない。イブラヒムは、暗殺未遂の日にヒュッレムと何をしていたかと問いただされ…。

3話 疑われた忠誠心

皇帝スレイマンは森の中でハンガリー王ラヨシュ2世が放った刺客に命を狙われるも、勇敢な軍司令官の活躍により難を逃れる。皇帝に不信感を抱かせたイブラヒムは皇帝のもとへ行き弁明を試みる。トプカプ宮殿では懐妊の分かった皇女ハティジェが喜びよりも不安を募らせていた。一方、皇帝妃ヒュッレムと女官ニギャールとの間に以前とは異なる微妙な空気を読み取った皇帝妃マヒデブランは、ニギャールを呼び出して事情を知ろうとする。

4話 モハーチの戦い

オスマン帝国軍の進軍を阻んでいた川に橋が完成し、皇帝スレイマンは架橋の作業に尽力した軍司令官マルコチョールをねぎらう。一方、トプカプ宮殿では母后が中心となり、犠牲祭の準備が進められていた。占星術師からよいお告げを聞き、笑顔が戻った皇女ハティジェだったが、あることがきっかけで皇帝妃ヒュッレムに怒りを爆発させる。そんな中、ついにモハーチでオスマン帝国とハンガリー王国の決戦の火ぶたが切られる。

5話 皇妃と皇女

ハンガリー王国を落とした皇帝スレイマンは、数々の戦利品と共にイスタンブールに戻る。戦利品の中にはイブラヒムに与えたヘラクレスなどの彫像もあった。その頃、地中海でスペイン船がオスマン帝国の海賊に襲われる。乗っていたのはカスティーリャの王女。それを伝え聞いたベネチア共和国元首の息子アルヴィーゼ・グリッティは、真偽の程を調べ始める。帝都に戻ったスレイマンは久々に家族と再会。ヒュッレムと熱いひとときを過ごす。

6話 囚われの王女

カスティーリャ王女が拉致されたと聞いたベネチア共和国元首の息子グリッティは解放を求めて海賊船の船長ムラトに会う。だが、思惑をめぐらせるムラトは取引に応じず、グリッティを追い返すのだった。トプカプ宮殿では女官ニギャールが皇女ハティジェの出産が落ち着くまで、しばらく皇女の屋敷に住み込むことになる。そんな中、グリッティから王女の窮状を聞いた大宰相イブラヒムは後宮宦官長スンビュルを呼び出し、ある極秘の指令を出す。

7話 イブラヒム邸の彫像

ヒュッレムは占星術師ヤクップに毒薬作りを依頼。望みどおりの効果を得るには、対象の人物が片時も離さない物が必要だった。その頃、皇帝スレイマンはオスマン帝国の捕虜となったカスティーリャ王女イサベラと密会。自分を野蛮人とののしる王女に興味を示す。一方、イブラヒムの屋敷には戦利品の彫像が届く。偶像崇拝を禁じるイスラム社会では、それをよく思わない者たちがいて…。イブラヒムの周りに少しずつ不穏な空気が漂い始めていた。

8話 死の呪い

詩人の集会に出かけたマトラークチュとマルコチョールは屋敷の庭に彫像を飾った大宰相イブラヒムを激しく非難する詩人フィガーニーに会う。トプカプ宮殿では彫像の話を聞き、気分を害した母后が皇帝スレイマンに詰め寄る。スレイマンはカスティーリャ王女イサベルに、ある贈り物をする。皇帝妃ヒュッレムは側女ニリュフェルを使ってイブラヒムを陥れる計画を着々と進めていた。そんな中、皇女ハティジェの体調に異変が起きる。

9話 慢心の芽

ハティジェ皇女は占いどおり、男の子を出産。しかしお産は順調とはいかなかった。そんな中、ヒュッレムが機転を利かせるが…。囚われの王女イサベラは馬で逃走。婚約者の窮状を知ったフリードリヒ王子は救出を誓う。息子が生まれた喜びから慢心とも取れる言葉を庭の彫像の前で語ったイブラヒム。その後ろにはいつしか皇帝スレイマンが立っていて…。ヒュッレムは後宮の拡張を母后に頼むも、門前払いされてイラ立ちを募らせる。

10話 浅知惠

アナトリアで起こった反乱は治まる気配を見せず、皇帝スレイマンは大宰相イブラヒムに鎮圧を命じる。だが、息子の健康状態を案じる皇女ハティジェは夫イブラヒムが不在になることを心細く思い、反発する。一方、オーストリア大公国からイサベラ王女の解放を求めて使節が宮殿にやってくる。狩猟の館に女性がいることを知った皇帝妃ヒュッレムはイブラヒムを陥れようと策を講じる。ハティジェを不憫に思う母后は皇帝に異見を呈す。